横須賀市久里浜の歯科医院 アリワ歯科医院

平日夜8時まで診療

〒239-0831
神奈川県横須賀市久里浜2-13-6第一杉田ビル1F

TEL:046-837-4980

周病

新規・急患随時受付 各種保険取り扱い お問い合わせ TEL:046-837-4980

歯周病とは

歯周病は汚れがたまり、歯肉溝(歯と歯ぐきの境目)が深くなり、歯ぐきだけでなく支えとなっている骨まで溶かしていく病気です。この歯周病は進行していってもある時までほとんど痛みが無く、歯が揺れ出して、突然痛みが出るようになります。

このような症状ありませんか?

  • 歯肉からの出血、ブラッシング時に痛みを感じる
  • 歯がグラグラしてきて不安に感じる
  • 口臭が気になる

現在、歯がなくなる原因のほとんどが歯周病の進行によるものです。
さあ、歯周病をよく知り、対策をしていきましょう。そうすればより良く、より長く自分の歯でかむ事ができると思います。

歯周病を防ぐための第一歩!!

歯周病になる時期

歯周病(歯槽膿漏)は大きく分けて2つあります。歯肉炎と歯周炎です。

歯肉炎

汚れがたまり、歯ぐきに炎症が起こりますが骨までは影響が無く、歯磨きをする、もしくは汚れを取ることで元の状態に戻ります。

歯周炎

炎症が歯ぐきだけでなく、支えている骨にまで広がり、骨を溶かし始めます。支えている部分が少なくなりますので、歯も動き出します。
こうなってくると、汚れを取っても元の状態に戻ることはできません。
しかも、歯と歯ぐきの境目の奥深くまで汚れがあるため、なかなか汚れを取ることができなくなってしまいます。

日本人の場合、歯肉炎は10~20代前半ですでに60%のかたがかかっているといわれ、50才代でおおよそ80%の人がかかっているといわれています。だれもがかかっている病気だからといって軽視していると最後には取り返しのつかないことになってしまう怖い病気なのです。

歯周病の症状

歯槽膿漏は「静かなる病気」と呼ばれるほど、自覚症状がほとんど感じられない病気で、気づいたときには、歯を支えている骨(歯槽骨)が無くなり、重症になっているケースが非常に多いです。そうなると食事すらできない状態になってしまいます。
歯周病を予防するには、早期発見、早期治療が重要となってきます。
実際に歯周病は患者様の6~7割の方がかかっていると言われていますが、そのうち歯周病を主訴に来院される患者様は3割にも満たないのが現状です。症状がでてからでは遅い病気ですので、日々の歯磨きはもちろん、歯科医院に来院されてのチェックを半年に一度は行うことを強くお勧めします。

歯周病対策

歯周病の一番の予防策は歯磨きで汚れをためないことです。

しかし、全体の90%以上の方は頑張って磨いていても完全に汚れを落とすことはできません。
なぜなら、歯の形態上普通では落とせない部分が数多くあるからです。
そのため毎日少しずつたまった汚れは落とす必要があります。

磨きづらい部分

  • 奥歯       歯と歯の間

  • 歯と歯ぐきの境目

  • 歯と歯が重なっているところ

  • この部分を歯ブラシで磨くことができますか?

とは言っても毎日の歯ブラシはかかせないものです。
当院では患者様が正しく歯磨きができて汚れを落とせるように衛生士によるブラッシング指導も行っております。磨き方がよくわからない場合はお気軽にお尋ねください。そして、一度ブラッシング指導を受けてみてはいかがでしょうか?

効率よく汚れを落とすために

歯ブラシでも、もちろん汚れは落ちます。
歯ブラシが面倒だと感じる方、うまく動かせない方には電動歯ブラシが非常に効果的です。

電動歯ブラシは汚れを歯から落とすだけでなく、お口の中の細菌の表面を壊し、歯につきにくくする働きもあります。

※通信販売等は行っておりません。


  • 細菌の表面には線毛と呼ばれる
    歯に付く為の構造があります。

  • このように表面(線毛)を壊すと
    歯に付きにくくなります。

有輪理彦 他2名:Porphyromonas gingivalis 381株の線毛欠損株の性状に関する研究より

電動歯ブラシの注意点

電動ハブラシを使用するときにはいくつか注意点があります。
最も大きく違うのは、今までの歯磨きの動かし方ではないと言うことです。今までどおりの動かし方をしていると、かえって汚れを落とす効率が悪くなってしまいます。
どのタイプの電動歯ブラシでも構いませんが、一度ブラッシング指導を受けられることをお勧めします。

歯と歯ぐきに当てる力は60~80gが良いと言われていますが、ピンとこないと思います。歯垢や食べかすを触ってみてください。柔らかいでしょ?それが落とせれば良いんです。そんなに力いっぱいゴシゴシしなくてもいいのがわかります。
硬くなって落とせなくなっているのは歯垢じゃなくて歯石です。これは歯ブラシじゃもう取れません。歯石を取るのは歯科医院でしかできません。

歯磨きのあとは

細菌の繁殖を抑えるために仕上げとしてうがい薬(洗口剤)を使用しましょう。

※通信販売等は行っておりません。

効率よく汚れを落とすために

歯周病予防で最も大切なことは日常の歯磨きを丁寧に行うことです。そして、定期的なチェックをしていくことにあります。
歯と歯ぐきの間に汚れがたまった場合は、歯ブラシではもう取れないため早期治療が望まれます。

汚れが歯ぐきの奥までたまった場合


  • 専用の器具で取っていかなくてはなりません。
    しかし、汚れがたまった状態で放置しておくと支えている骨まで溶かしていってしまいます。

  • 歯ぐきが腫れた状態です。
    このような歯ぐきで健康であると言えるでしょうか?

このように健康な歯ぐきの状態で
口福(こうふく)な生活を送りましょう。

一度失った骨や歯ぐきは、なかなか自然には取り戻すことはできません。
もし、不幸にして歯周病が進行して骨がなくなったとしても、その部分に新しい骨を作ることができます。
歯科医療の進歩により、このような技術が可能となりました。(個人差はありますが)
それがエムドゲインゲルを用いた骨再生療法です。
この技術は誰でもできるわけではなく、エムドゲインに関しての特定の教育・セミナー・実習を修了していないと使用できないものです。
当院では修了書を取得し、用いているため、このような治療が可能となっております。

PAGE TOP