横須賀市久里浜の歯科医院 アリワ歯科医院

平日夜8時まで診療

〒239-0831
神奈川県横須賀市久里浜2-13-6第一杉田ビル1F

TEL:046-837-4980

防歯科

新規・急患随時受付 各種保険取り扱い お問い合わせ TEL:046-837-4980

むし歯の発生

むし歯の予防を実現するには、どのようにむし歯が発生するかを知る事が第一のステップです。むし歯は急にできるものではありません。むし歯になる4つの大きな要因が、長期に重なるとむし歯が発生します。

むし歯になる4つの要因とは

  • むし歯菌
  • 糖分
  • 歯の質(強さ)
  • 危険地帯にいる時間

これらのどれか1つでも2つでも良い条件にする事によって、むし歯の発生率は格段に減少します。


4つの円が重なったときに、むし歯は発生します。

むし歯菌について

むし歯菌は、お口の中に常に存在します。むし歯菌は、一般的には悪いものとされていますが、むし歯菌が完全に無くなってしまうと、今度は結核菌(けっかくきん)などの全身的に起こる病気の菌が多くなってしまいます。体を悪い最近の感染から守っているのが、むし歯菌なのです。

とはいうものの、歯にとってみれば酸を出して溶かす悪者であるには変わりありません。このむし歯菌たちと、うまく付き合っていくことが大切です。

むし歯菌の悪いところ

  • すぐに多く増える(特に寝ているとき)
  • 数が多いほど歯を溶かす酸をたくさん出す
  • 糖分がたくさんあると酸をたくさん作る
  • お口の中が危険地帯にあると元気になる(危険地帯にいる時間についてで説明)

歯周病対策

むし歯菌の悪いところを逆に利用することで、むし歯を減らすことができます。

1夜は必ず歯を磨く

寝ているときに、むし歯菌は多く増えます。朝起きたときに口の中が”ネバー”ってした経験はありませんか?寝る前に歯を磨いて菌の数を減らしておけば、むし歯菌が莫大に増えることを防ぎます。

2歯を磨く、もしくは洗口剤でブクブクをする。

菌の数を減らすのは歯磨きが一番ですが、磨けない場合は洗口剤を使うのも良いでしょう。これによって、むし歯菌の数は減ります。洗口剤については”危険地帯にいる時間”の中で説明してあります。

3酸を作らないガム・アメを食べる。

むし歯菌は糖分が大好きです。糖分があるとそれを食べて酸を作ります。これを防ぐ一番の方法がキシリトールなのです。
キシリトールがあると、むし歯菌は糖分と勘違いして食べます。食べたキシリトールからは酸は作れないのです。

糖分コントロールについて

子供たちは甘いものが大好きです。そんな育ち盛りの子供たちに糖分コントロールをしようと思ってもなかなかうまくいかないのが現状ですし、実際問題としてほとんどの子供たちには無理でしょう。
過剰な摂取の場合は別ですが、ケーキやお菓子は与える時間を決めたり、アメやガムの場合は、ノンシュガーやキシリトールの入ったものにすると効果的です。

歯科医院専用で発売しているキシリトールガムです。当院でも売っています。
今はコンビニや薬局でも見られるようになりましたが、歯科医院専用のものはキシリトールの含有量が高いのでより効果的です。

※通信販売等は行っておりません。

歯の強さについて

歯が生えてきてそのままの状態では、お口の中に酸があると歯は溶けてしまいます。
歯の作っている成分の構造を変えることによって、酸に対して格段に強くなります。
人間で言ってみれば、トレーニングをして筋肉を鍛えることで外からの刺激に耐えることができるようになるようなものなのです(ボクシングなどのように)。

その効果をあげるものに、フッ素があります。
フッ素は自然界、私たちの体にもあるごくごく普通の物質ですが、歯の強化に使う場合は薬の一種に変わります。
ですから、間違った使い方をすると毒になります。しかし、正しい使い方をすれば格段にむし歯は減ります。

まずフッ素について正しく知りましょう。

フッ素の効果

歯はハイドロキシアパタイトという結晶構造でできています。しかし、このハイドロキシアパタイトは酸に弱く溶けてしまいます。フッ素を塗布するとフルオロキシアパタイトという構造に変化します。このフルオロキシアパタイトは非常に酸に対して強い性質を持っています。


  • ハイドロキシアパタイト

  • フルオロキシアパタイト

フッ素の種類

フッ素をご家庭で摂取するには、フッ素塗布とフッ素洗口法の2種類方法があります。

歯ブラシのできるお子さんにお勧めします(保護者の方が塗布した方がより効果的です)。家庭でできるフッ素塗布剤は一般に販売されています。0.4%フッ化第一スズを主成分とした物(商品名:ホームジェル)で甘さを出すためにキシリトールを添加しています。

味は全部で6種類(グレープ、オレンジ、ミント、レッドベリー、バブルガム、ノーフレーバー)あります。お子さんの好きな味で試してみてはいかがでしょう。

【使用方法】
使い方はいたって簡単。1~2日に1回、夜の歯磨きの後にほんの少量米粒大程度を歯ブラシにとり1分間ほど塗布するだけです。
これだけでむし歯の予防効果が期待できます。1本で3~4ヶ月ほど使用できます。

※通信販売等は行っておりません。

ブクブクうがいのできるお子さんにお勧めします。(3歳以上のお子さんにお勧めします)
ブクブクうがいを上手にでき、無理なくできる範囲のお子さんにお勧めしています。1パックで6ヶ月~1年ほど使用できます。

【使用方法】
毎日行う方法と週1回行う方法がありますが、長続きするためにも週1回法をお勧めします。週1回、夜の歯磨き後に行うと良いでしょう。
専用のボトルにお水を入れ、フッ素の粉を溶かしてよく振ります。ブクブクうがいを30秒間~60秒間して終了です。(このとき飲まないように注意してください。万が一飲んだ場合でもほとんどの場合心配ありません。)

※通信販売等は行っておりません。

PAGE TOP